京都弁護士のおいでやす日記
Blog

IMEパッドも知らない漢字

2022年11月27日  【弁護士のお仕事】 

珍しい漢字を名前に使うお子様を目にすることも多く、読み方不明の漢字にときどき出会います。

令和平成生まれの子に限らず、明治生まれの方などにも、ときどき読めない漢字が名前に入っていることもあります。

そういう時はIMEパッドの出番です。

マウスでその漢字を手書きすれば、候補の漢字とその読み方を教えてくれます。

異体字なども普通に出てくるので、だいたいはこれで解決します(マウスで書く文字が下手だったり書き順が違ってもIMEパッドは解読してくれる)。

しかし、稀に該当する漢字が出てこないこともあります。

明治生まれの方の名前の漢字についてこういったケースがあるように思いますが、当時は使われていたが今は使われていない漢字なのでしょう。

そうなれば、書面に記載する時は手書きして、読み方はアドリブでなんとなく推測するしかありません。

内地と道外

2022年11月20日  【雪と氷とカズノコの町】 

北海道の人は、本州のことを「内地」と呼びます。

初めて聞いた時はドキリとしたものです。

しかし、年配の人に限らずみなさん本当に自然にこの言葉を使います。

確かに、北海道は本州と海で隔てられており、道内で全て完結している半独立国です(住んでいると本当にそう感じます)。

他県との(物理的・心理的)距離感も本州に住んでいるのと一味違います。

それゆえ「道内」と対になる「内地」というワードも、使われ続けているのだと思います。

本州の人は、北海道旅行中に「内地から来たの?」と聞かれてもビックリしないようにしましょう。

完全ペーパーレス化はしない

2022年11月13日  【弁護士のお仕事】 

ペーパーレスが世の中で進んでいます。

銀行の通帳も、発行するだけで手数料を取られる銀行が増えているようです。

裁判もオンライン化が進んでおり、裁判書類のオンライン提出もおいおい始まります。

代理人間やり取りのメインツールはFAXという原始的な弁護士業界ではありますが、最近の複合機は届いたFAXをいちいちプリントアウトせず、データ化してくれます。

つまり、理論上は、弁護士業務も大幅にペーパーレス化しようと思えばできることになります。


しかし。

個人的には、紙もある程度残さなければ心配です。

おそらく、東日本大震災でも北海道胆振東部地震でも停電(それも長時間)を経験してきたことがあると思います。

停電してパソコンが使えなくなった時、完全ペーパーレス化していたら仕事の情報が何も手元に残らなくなってしまいます。

何が起きるか分からない世の中だからこそ、最後に頼りになるのはアナログだと信じているわけです。

結局、データ・紙の両方で情報管理するのが一番なのだと思います

遠さを北海道基準で測る

2022年11月7日  【雪と氷とカズノコの町】 

車で遠出する時、遠さを北海道基準で測るクセが抜けません。

・片道30分:近い。

・片道1時間:旭川。普通。

・片道2時間:札幌。遠い。結構疲れる。

・片道3時間:稚内。だいぶ遠い。心してかからないといけない。

・片道6時間:根室。未知。

北海道基準というか留萌基準です。

道民はどこまででもマイカーで行きます。

そのため自分も片道2時間くらいであれば慣れました。

しかし、慣れたからと言って近く感じるわけではなく、疲れなくなるわけでもありません。

やっぱり2時間を超えてくると運転は疲れます(途中で休めばいいのに)。

そういうわけなので、京都―名古屋間は札幌行きみたいなものですが、それなりに疲れます。

0110

2022年10月30日  【弁護士のお仕事】 

警察署の電話番号の下4ケタは、「0110」つまり110番です。

一部例外もあるようですが、だいたいどの警察署の電話番号も下4ケタは「0110」になっています。

私は今は刑事事件は扱っていませんが、かつては扱っていました。

当時は「0110」からの電話があれば、番号が電話機モニターに表示された時点で「接見要請だね」と察したものです。

知っていても使い道がない、でもちょっと物知りになった気がする豆知識でした。

突然法テラスがニュースに登場

2022年10月20日  【気になる記事】 

旧統一教会の献金トラブルなどに対応する専門部署が法テラスに設置されるそうです。

急に法テラスの名前が出てきてびっくりしました。

しかし、一番びっくりしているのは法テラスのスタッフかもしれません。

全く新しい業務が急に増えるのも大変だろうなと思いますが、業務に変動があったこの機会に代理援助立替基準もさりげなく見直してくれればうれしいものです。

報酬金の算定基準とか、破産の着手金とかを手始めにお願いします。

戻ってきました

2022年10月15日  【京都の日常】 

全国旅行支援が始まったからか、今週から目に見えて観光客が増えてきました。

観光地に行ってないのになぜ分かるかって?

明らかに観光バスが激増しているからです。

どれくらい増えているかというと、西大路通に立って北と南を見渡せば1台は観光バスが見えるくらいに増えています。

これからの紅葉シーズンが恐ろしい…

外出時はこれまでよりも早めに出るよう注意します。

西院再開発?

2022年10月9日  【京都の日常】 

京都市の一部地域で高さ規制緩和が検討されているそうです。

他でもない当事務所がある西院駅周辺も、検討対象とされています。

西院駅周辺や西京極駅周辺の「西部工業地域」は、「共同住宅などを整備するため一部の高さ規制の緩和を検討することが望ましい」そうです。

全国の市町村で、人口減少数がなんとワーストワンの京都市です(1年で1万1900人減った!)。

若い世代が住めるマンションを増やして人口減少を止めようということなのでしょう。

地域人口が増えるのは悪い話ではありませんが。

ふたを開けてみれば増えたのは巨大ホテルでした、なんて結末は勘弁です。

そんなことより、ここって工業地域だったのか。

過払金CMに誰か引導を

2022年9月25日  【京都の日常】 

最近久しぶりに関西のラジオを聞くようになりました。

しかし、過払金CMってまだこんなにやってたんですね。

過払金案件は4~5年前にはまだかろうじてありました。

しかし、それ以降は本当にお目にかからなくなりました。

見事にピタリと途絶えたので、本当に絶滅危惧種のような状態です(絶滅したかもしれない)。

テレビで過払金CMを流していた某法律事務所も、さすがに大々的なCMを出すのはやめたとかなんとか(知らんけど)。

ラジオでいまだに過払金CMをやっているのは司法書士のなんとか法務事務所が多いようですが。

必死感が伝わってくるCMを聞かされるたびに、大赤字なんだろうな、と思います。

司法書士の場合、過払金一辺倒で規模を拡大してしまった後で登記専従には移行するにできず、撤退するにできないのかも、と思ったりもします。

もちろん、心配する気持ちなど微塵もなく、唐突に耳に入ってくる過払金CMがこの世から早くなくなることを私は願っているだけです。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。