京都弁護士のおいでやす日記
Blog

双方ウェブ会議で和解可能になる

2023年1月21日  【弁護士のお仕事】 

民事訴訟では、この数年で一気にウェブ会議の利用が当たり前になりました。

それまでは、ウェブ会議なんて日本の裁判では来世でも実現しないんじゃないかというくらいでした(言い過ぎ)。

しかし、コロナ禍でやむにやまれなくなったのか、ウェブ会議導入が決まってからはあっという間でした。

これまで全て紙とFAXで行っていた書面提出も、遠からずウェブ上で行うようになります。

離婚など家事調停のウェブ会議もいずれ始まります。

裁判制度激変の時代ですが、期待していなかったスピードで変わっていくのでなかなか面白いです。


みるみる変わる実務に法整備が追い付いていない面もありました。

例えば、民事訴訟ではウェブ会議の利用が一般的になりました。

しかし、これまでは当事者双方がウェブ会議を利用していると、制度上は和解を成立させることができませんでした。

そのため、ウェブ会議のまま解決するために、わざわざ民事訴訟から民事調停に移行させて調停成立の形をとるという方法が便宜上取られていました(調停成立なら双方ウェブ会議でも可能)。

ご依頼者からすると、なぜいきなり民事調停なんてものが出てきたのか意味不明です。

そのため、「民事調停とは~」というところから毎回ご説明する必要がありました(説明する方も、される方も結構大変)。

しかし、民事訴訟法が改正され、今年3月1日からはそのような手間もいらなくなります。

民事訴訟でも、当事者双方が裁判所に現実に出頭することなく、ウェブ会議で弁論準備手続期日や和解期日を行えるようになります。

他にも重要な法改正がさりげなく行われているので、しっかりフォローしていかなければなりません。

期日を同じ日に入れたい

2023年1月14日  【弁護士のお仕事】 

京都家庭裁判所での家事調停のスケジュールが同じ日の午前・午後に連続で入ると、得した気になります。

移動時間が1回分節約できますからね。

往復1時間カットできれば、結構いろいろできます。

そのため、期日を入れるときは、他の家事調停の期日と同じ日にセッティングできるよう頑張ります。

とはいえ、担当係によって期日が入る曜日が違うので、なかなかうまくいきません。

だからこそうまく1日でまとまればちょっと嬉しいのですが、だいたいはうまくいかず連日家裁まで足を運ぶことになります。

そんな問題も、いずれ家事調停がWEB会議で行えるようになればなくなります。

弁護士の仕事の仕方も結構変わりそうで、待ち遠しいです。

業務再開

2023年1月8日  【弁護士のお仕事】 

本年もよろしくお願いいたします。

当事務所では1月6日から業務を再開しています。

時間がある時にしかできない過去記録の整理などを年末年始にするつもりでしたが、その時間はありませんでした(だいたい予想できていた)。

少しずつ埋め合わせをしていくしかありませんね。

北海道のニュース

2022年12月25日  【雪と氷とカズノコの町】 

北海道のオホーツク側で停電が起きているようです。

3年前まで住んでいた留萌は日本海側ですが、胆振東部地震で停電を経験しました。

当時はオール電化物件に住んでいたので全てお手上げになり、日没とともに寝るしかありませんでした。

スーパーも休業して食料品が手に入らなくなり焦りましたが、留萌は被災地ではなく、冬でもなかったため短期間の停電なら何とかなったものです。

しかし、今回は真冬なので、とても心配です。

北海道で冬を経験するたびに「昔の人はこの土地の冬をどうやって生き抜いていたんだ」と疑問に思っていました。

しかし、電気がなければ昔とほとんど変わらない状況になってしまいます。

停電は解消されつつあるようですが、早い全面復旧を祈ります。

留萌がトップニュースを飾る季節

2022年12月18日  【雪と氷とカズノコの町】 

このところ京都市内も最低気温が0℃前後で、とても冷え込んできました。

寒さ、というより乾燥による喉の痛みに悩まされています。

この季節になると、全国ニュースでも北海道の留萌の映像をよく見るようになります。

ほぼ全てひどく吹雪いている街の映像なのですが。

しかし数年前まで住んでいた懐かしい光景なので、ついつい喜んでしまいます。

ライブカメラもときどき見ますが、ニュースで映るとまた違います。

本州人からするとショッキングなくらい吹雪くこともある街なので、ニュース映像としてはもってこいなのでしょう。

しかし、実は当地では暴風雪は日常茶飯事のことなのです。

そのため、残念ながら市民にインタビューしても、マスコミが期待するほどのコメントはなかなか出てきません(せいぜい「今日は早く帰ろうと思います」くらい)。

元留萌人は京都からそれを見て、また喜んでいるのでした。

結局元号回帰

2022年12月10日  【弁護士のお仕事】 

書面に記載する日付について。

元号が令和に変わったのを機に、自身が作成する書面には西暦を使うようになりました。

年数を数える時に、平成と令和にまたがっていると計算が面倒だったからです。

しかし、元号改正から3年が経ち…

書面の日付は、結局元号に回帰しつつあります。

裁判所の事件番号だけでなく、相手方弁護士や保険会社が出してくる書面の日付もたいてい元号です。

それをこちらの書面内でも「令和〇年〇月〇日付け書面では~」と引用しているのだから、もうこちらの書面で使う日付も元号に統一しておけばいいじゃないかと思ってしまったわけです。

あとは、令和4年=平成34年ということが頭にしみついて、脳内の元号変換に労しなくなったこともあります。

裁判所が事件番号に西暦を使うようになった頃に、書面に西暦を使うかもう一度考え直そうと思います(おそらくその日は来ない)。

防寒対策のレベルが低い

2022年12月4日  【京都の日常】 

気象予報のとおり、京都市内は12月1日から一気に寒くなりました。

たまらず、ようやくコートを使い始めました。

北海道にいた頃は、最低気温マイナスは常で、早朝などにマイナス10℃以下になることもありました。

さすがにマイナス10℃以下になるとあまり呼吸したくなくなり、あらゆる物が凍っていたりします。

しかし、不思議と北海道での冬で寒さを苦痛に感じることは少なかったです。

なんといっても南極でも生きられるような分厚いダウンジャケットを着ていましたし、どこに行っても巨大な石油ストーブがフル稼働していました(オルガンサイズのストーブの中で火が燃えている)。

防寒対策のレベルが違うわけです。

さて、「誤魔化しているうちに冬が終わるといいな」レベルの防寒対策でのぞむ今年の京都の冬は、どんなものでしょうね。

IMEパッドも知らない漢字

2022年11月27日  【弁護士のお仕事】 

珍しい漢字を名前に使うお子様を目にすることも多く、読み方不明の漢字にときどき出会います。

令和平成生まれの子に限らず、明治生まれの方などにも、ときどき読めない漢字が名前に入っていることもあります。

そういう時はIMEパッドの出番です。

マウスでその漢字を手書きすれば、候補の漢字とその読み方を教えてくれます。

異体字なども普通に出てくるので、だいたいはこれで解決します(マウスで書く文字が下手だったり書き順が違ってもIMEパッドは解読してくれる)。

しかし、稀に該当する漢字が出てこないこともあります。

明治生まれの方の名前の漢字についてこういったケースがあるように思いますが、当時は使われていたが今は使われていない漢字なのでしょう。

そうなれば、書面に記載する時は手書きして、読み方はアドリブでなんとなく推測するしかありません。

内地と道外

2022年11月20日  【雪と氷とカズノコの町】 

北海道の人は、本州のことを「内地」と呼びます。

初めて聞いた時はドキリとしたものです。

しかし、年配の人に限らずみなさん本当に自然にこの言葉を使います。

確かに、北海道は本州と海で隔てられており、道内で全て完結している半独立国です(住んでいると本当にそう感じます)。

他県との(物理的・心理的)距離感も本州に住んでいるのと一味違います。

それゆえ「道内」と対になる「内地」というワードも、使われ続けているのだと思います。

本州の人は、北海道旅行中に「内地から来たの?」と聞かれてもビックリしないようにしましょう。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。