京都弁護士のおいでやす日記
Blog

方南町に思いをはせる

2021年2月18日  【気になる記事】 

東京メトロ丸ノ内線といえば、東京都心をぐるりと回って走る大動脈路線のひとつだ。池袋・大手町・東京・銀座・赤坂見附と東京の主要なスポットを駆け抜けて、大ターミナル・新宿を経て終いには郊外の荻窪を目指す。通勤通学にも使えるし、仕事中の外回りなんかにも役に立つ、すこぶる便利な地下鉄である。

ところが、である。2年ほど前から、変な行き先が現れているのだ。一度、新宿三丁目から丸ノ内線に乗って荻窪に行こうとしていたとき、ホームに入ってきた電車に何気なく乗ったらそれは方南町行きだった。

方南町行きということは中野坂上から支線に移ってしまって荻窪にはいかない。あっと気がついたときにはもう遅く、中野坂上駅のお隣の中野新橋駅からすごすごと中野坂上に戻るハメになったのである。(以下略)

文春オンライン『新宿からわずか10分…丸ノ内線“ナゾの終着駅”「方南町」には何がある?』より抜粋

ちょっとちょっと!

「変な行き先」ってひどいですよ!

確かに都民もほとんど知らない街だけれども。


東京で勤務していた頃、2年間この方南町という街に住んでいました。

本当に新宿まで10分で行けてしまう絶好の立地なのに、さほど開発が進んでいない穴場です。

丸の内線からおまけのように枝分かれした支線の終点にある街ですが、かつては丸の内線本線から方南町までの直通列車がなく、必ず一度乗り換えなければならないのが玉にキズでした。

ところが、最近になって本線から方南町までの直通運転も開始されたそうで。

逆に言えば、朝の出勤時は方南町が始発になり、新宿方面から先に通勤する時も座れるようになったわけです。


方南町に過度な期待をしてはいけないと思って諦めていましたが、直通できるなら自分がいるうちにしてほしかったな。。

留萌在住時も、ずっと完成を心待ちにしていた深川留萌自動車道が、離れる数か月前になってようやく自宅の間近まで延伸されてきたものです(まだ3往復くらいしか使っていない)。

こういう星の下に生まれてきたのかもしれません。

都民の皆さん、方南町は(都会感はないけど)住むには悪くない街ですよ。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の投稿

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。