京都弁護士のおいでやす日記
Blog

離婚調停の待合室問題

2022年1月13日  【離婚と家庭のお話】 

離婚調停などでは、交互にそれぞれの当事者が調停室に入って話を聞かれます。

そのため、調停の半分は待ち時間です(体感的にとても長く感じる)。

待っている間は家庭裁判所の待合室で待つことになります。

その待合室ですが、もちろん相手方とは顔を合わせることがないよう別々の待合室を指定されます。

それは当然なのですが、京都家庭裁判所では他の調停利用者・弁護士が同じ待合室を使用していることがよくあります。


狭い待合室内に数組の調停利用者・弁護士がいるのでかなり密…

というところではなく、赤の他人と待合室を共用することに抵抗をかなり感じます。

待ち時間の間は瞑想しているわけではなく、私は調停室でのやり取りをかみ砕いてご本人に説明したり、今後の方針を相談したり、聞いておきたいことを聞き取ったりしています。

当然、非常にプライベートな話や他人に聞かれたくない話ばかりです。

そんな話を赤の他人が隣にいる待合室でできるわけがありませんよね。


ときどき、個室が割り当てられて調停委員がその個室に入ってきて話をするというパターンも見られます。

全件そのように扱うには部屋が足らないのだと思いますが、空き部屋があるのであればフル活用してプライバシーに配慮してほしいなと思います。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。