京都弁護士のおいでやす日記
Blog

相続放棄増加の原因は?

2024年6月2日  【弁護士のお仕事】, 【相続のお話】 

相続放棄の件数が右肩上がりだそうです。

『家庭の法と裁判2023/4月号』の「家庭裁判所事件の概況⑴」によると、相続放棄の新受件数は、平成27年189,296、平成29年205,909、令和元年225,416、令和3年251,993とのこと。

確かにこれは右肩上がりです。

いろいろな記事でもこの理由の分析がいろいろとされています。

過疎化が進み、地元を離れた子が実家の相続を放棄するケースが増えている、といった解説も目にしました。

そういったケースも少なくないようには思います。

しかし、実家の不動産はいらなくても、預貯金など金融資産も相応に残されていれば、相続放棄はしない人が多いのではないでしょうか。

結局のところ、相続放棄が増えているのは遺産が多くないケースが増えているからではないか、と密かに思っています。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。