京都弁護士のおいでやす日記
Blog

2021年09月

くじら食堂

2021年9月30日  【ごちそうさまでした】 

西京極総合運動公園からほど近いところにある食堂です。

その名も、くじら食堂。

入口にはしっかりと「おこしやす京都AC」のポスターが(このあたりのお店にはだいたいポスターが貼られており、営業力をほんとに尊敬します)。

食堂の店内の写真はありません。

なぜなら、繁盛しておりどちらを撮ろうとしても他のお客さんがモロ写りしてしまうからです!

近隣の事業所のおじさん達に大人気のようです(結構みんなご飯をおかわりする)。

働くおじさんの胃を支えている感があります(女性客もいます)。

Googleの口コミはあまり多くなく今まで見逃していたお店でしたが、口コミを書くおじさんは少ないでしょうからそこは仕方がありません(まだ新しいお店だからという理由の方が多分大きい)。

こういう定食屋さんが当事務所ビル1階とかにあるとうれしいのですが(そもそも1階は駐車場で店舗スペースはない)。

ごちそうさまでした。

(@くじら食堂)

駅ビルさん

2021年9月29日  【京都の日常】 

京都駅です。

全面ガラス張りなので、青空が広がる日には綺麗に見えます。

近くで見ると相変わらず巨大。

遠くから見ても巨大。

遠く離れた右京区の端の方からでも、山に登ると不沈空母のようなその姿を確認できます。

きっと京都タワーもそうなっていったように、駅ビルも年月が経つにつれてすっかり見慣れた感はあります。

ただ、どうせ景観に真っ向対決する建物を作るのであれば、金沢駅のようにテーマが理解できるものにしてほしかった、という気持ちはあります。

京都タワーは、今や大文字山や五重塔といっしょに京都のシンボルとして描かれることもあります。

しかし、京都駅ビルがそのように描かれるところは目にしませんし、今後もずっとないだろうと予想できてしまいます。

・・・京都ってこういうところがズレてるんだよなー。。

嫌いというわけではないですよ。

吹き抜けの中は雨の日も傘ささなくてもいいし。

週2でカレー

2021年9月26日  【ごちそうさまでした】 

カレーライスはビーフもチキンもポークも好きです。

そんな中でも、甘さ控えめカレーであればビーフがおいしく感じます。

カレー後のプリンも、甘すぎないチャイプリンならお口直しに最適です。

スプーンがかわいらしい。

ごちそうさまでした。

(@フジヤマプリン)

ランニングシューズを正装に

2021年9月25日  【京都の日常】 

先日わけあって、四条烏丸から弁護士会館まで1.5kmほどを全力疾走しました。

徒歩20分のところを10分で着かなければならない状況だったので、かなりギリギリです。

というか走って間に合おうなどとは初めから諦めていて、タクシーを探しながら走っていました。

しかし、こういう時に限って救世主は無情にも現れないものです。

結果、最後の方はほぼ歩いているのと変わらないスピードになりながらも完走、時間ぴったりに駆け込みました。

走れメロスのように決して遅れられない中でなんとか走り切りましたが、つくづく思ったことが1つ。

革靴は靴としての性能は悪い。

ランニングシューズのように足にフィットしていないので、接地するたびにわずかに足と靴にずれが生じ、力のロスが蓄積されていきます。

クッションもなく足に負担がかかるし、全体的に硬い(当たり前である)。

走ることには向いていないんだな(そもそも全力疾走することは想定されていない)。

8年近く使い続けているランニングシューズがありますが、とても軽くて足にフィットし、履くと足が速くなったように感じます。

いや、タイムは間違いなく早くなります。

そのくせなかなか劣化しません(運動不足なだけだ)。

世の中の足元の正装が、ランニングシューズになればいいのになと思いました。

9月23日

2021年9月23日  【京都の日常】 

今日は秋分の日。

気付けばもう10月に入ります。

今年もあと1/4ですね。

ちなみに次の祝日は。。

11月3日(文化の日)。

頑張りましょう(ちょっと遠いぞ)。

商店街の一角に

2021年9月22日  【ごちそうさまでした】 

京都家庭裁判所にはしょっちゅう行きますが、しばしば昼食難民になります。

家裁は下鴨神社近くにありますが、近隣に飲食店は少なく、出町桝形商店街か出町柳駅前まで少し歩く必要があります。

ただし出町柳駅前は割とこじんまりとしているため、最近は商店街を歩くことが多いです。

とはいえ、商店街もウサイン・ボルトなら15秒ほどで駆け抜けられるこじんまりとしたサイズなので、選択肢はある程度限られます。

そのため、込み時に当たるとどこにも入れず、ボルトの10倍くらいのスピードで商店街を何往復かすることになります。

そんなある日に昼食難民が見つけたのは、商店街の一角にあったこの階段。

これだけ見ると完全にジブリの世界です。

もう少し特定すると千と千尋です。

入ってみるとこじんまりとしたカレー屋さんで、窓からは商店街を見下ろせます。

結構大きい窓ですが、下を通っている時には気づきませんでした。

カレーの方は、スパイスがほどよく効いたカレーライスです。

喫茶店?なのかなと思いますが、カレー専門店だと言われても納得の正統派カレーです。

なぜかGoogleマップにも出てこない穴場ですが、それも千と千尋感があります。

ごちそうさまでした。

(@S.O.U)

目指す高齢者

2021年9月20日  【京都の日常】 

本日は敬老の日です。

私は相続や成年後見を扱うことも多いため、高齢者のご相談を伺うことも多くあります。

そんな中でも、90歳前後でも驚くほどお元気な方にもときどきお目にかかります。

お話ししていると10歳、20歳くらいお若く感じるため、年齢を聞いて驚かされます。

そうした世代の方は、世代ゆえなのでしょうか、若輩者に対してもとても丁寧に接していただける印象です(私見です。)。

かつての日本人は今よりも礼儀正しかったのだろうと感じさせられます。

古代ギリシアのプラトンも「最近の若い者は」と書き残しているとかいないとか聞いたことがあり、上の世代がそのように言うのは世の常なのでしょう。

そこは価値観の違いもあると思うのですが、お元気な90代からそのように言われた暁には背筋を正さざるを得ません。

謙虚で礼儀正しい高齢者を目指して頑張ります。

街中の小籠包のお店

2021年9月19日  【ごちそうさまでした】 

昼食難民になった時に救われた小籠包のお店です。

三条柳馬場にあります。

店内は広々、スッキリしており、マダム多めです。

ランチは1,100円からと意外と良心的なので、マダムに限らずお一人様ランチ民も見られ、入りやすい雰囲気です。

久しぶりの小籠包ですが美味しかったです。

もっと食べたくなりますが、良心的お値段なのでそこは我慢です。

チャーハンも満足です。

このあたりで昼食難民になった時はおすすめです。

ごちそうさまでした。

(@鼎's(Din's ディンズ) 京都三条店)

蚊との最後の戦い

2021年9月18日  【京都の日常】 

涼しくなったのでエアコンを付けることはほぼなくなりました。

エアコンなしで、窓から入ってくる風を気持ちよく感じられる季節って最高だと思います。

ただし、油断して薄着で外を出歩くと、瞬時に5、6か所蚊に刺されました。

寒波で一掃してもらいたいところです。

マイブーム

2021年9月17日  【ごちそうさまでした】 

最近はこちらのお店に結構はまっています。

はまり始めると止まらなくなるタイプなので、つい通い詰めてしまいます。

そのあおりか、あんなに食べ狂っていたトムヤムクンの熱が最近ずいぶん落ち着いてきたかもしれません(たぶん何かの拍子でまた再燃する)。

こちらのお店はどのカレーも安定して美味しいので、毎回メニューがえできます。

飽きが来づらいポイントですね。

ちなみに今回注文したのは。。

Loco Moco

カレーに限らないのもうれしいです。

飽きないわけですね。

ごちそうさまでした。また来ます。

(@フジヤマプリン)

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去の投稿

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。