京都弁護士のおいでやす日記
Blog

2021年11月20日

烏丸通が曲がっているわけ

2021年11月20日  【京都の日常】 

京都の通りと言えば碁盤の目に並んでいます。

北→南、東→西の通り名の歌さえ覚えておけば自分がどこにいるのかすぐに分かるので、便利です。

歌というと、「あねさんろっかくたこにしき~」というアレです(ちゃんと覚えていない)。

しかし、そんな碁盤の目の中で、不自然に曲がっている道がときどき突然現れます。


烏丸通の東本願寺前も、門前を避けるようにぐにゃりと曲がっています。

ハンドル操作が怖いくらいにここだけ思いっきり曲がっているので、何か深~い理由があるのだろうと思ってきましたが…

本日の京都新聞紙面によると、この形状は1912年の市電烏丸線開通に伴って生まれたとのこと。

なんでも、全国から訪問する多数の参拝者を市電から守るため、門前を避けて線路を敷設するよう東本願寺が市に土地の提供を申し出たのだそうです。


市電が1977年に廃止された後も烏丸通は曲がったままになってきました。

一応、曲がった烏丸通の西側には直線の旧烏丸通が現在まで残されてきましたが、このたびこの旧烏丸通が閉鎖され、2023年3月に市民緑地として生まれ変わるのだそうです。

つまり、烏丸通はこの先もずっと曲がったままということになります。

京都にはまだまだ曲がった通りはあり、地図を見るとたいてい寺や神社を避けているように見えます。

調べるまでもなく訳ありな事情をお察ししますが、それはまた次の機会にです。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

過去の投稿

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。