京都弁護士のおいでやす日記
Blog

期日を同じ日に入れたい

2023年1月14日  【弁護士のお仕事】 

京都家庭裁判所での家事調停のスケジュールが同じ日の午前・午後に連続で入ると、得した気になります。

移動時間が1回分節約できますからね。

往復1時間カットできれば、結構いろいろできます。

そのため、期日を入れるときは、他の家事調停の期日と同じ日にセッティングできるよう頑張ります。

とはいえ、担当係によって期日が入る曜日が違うので、なかなかうまくいきません。

だからこそうまく1日でまとまればちょっと嬉しいのですが、だいたいはうまくいかず連日家裁まで足を運ぶことになります。

そんな問題も、いずれ家事調停がWEB会議で行えるようになればなくなります。

弁護士の仕事の仕方も結構変わりそうで、待ち遠しいです。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。