京都弁護士のおいでやす日記
Blog

2021年09月4日

全方向一時停止

2021年9月4日  【京都の日常】 

全方向一時停止の交差点は、かえって怖いです。

十字路の場合、普通は一方の道のみ一時停止表示があります。

しかし、たまに両方向が一時停止となっている交差点もあります。

見通しが悪かったりといった理由があるのでしょう。

しかし、微妙なタイミングで鉢合わせしてしまうと、

お互い止まる→相手が動かないのを見てお互いソローリ動き出す→相手が動いたのを見てお互いビックリして止まる

という探り合いをすることになります。

最終的にはどちらかが「ほんなら先行くわ、ごめんね!」と思い切ることによって決着が尽きます(せっかちなので、私は思い切る側になることが多いです。)。

歩行者同士でもすれ違いざまにこうなることはときどきありますが、車の場合は阿吽の呼吸がズレるとたちまち物損事故です。

優先関係をはっきりさせてくれた方がいいんじゃないかな、と通るたびに思っています。

そう考えると、昔よくあった赤点滅と黄点滅の信号を4方向に置くあのシステムはよくできていたのですね。

最近では撤去が進んで一時停止看板に置き換えられているそうですが。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去の投稿

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。