京都弁護士のおいでやす日記
Blog

2020年11月7日

「破産か、再生か」ではない

2020年11月7日  【債務整理のお話】 

第二東京弁護士会発行の月刊誌「二弁フロンティア」は私の愛読誌の1つです。

私が第二東京弁護士会を離れて3年以上が経ちますが今でも二弁フロンティアを毎月お送りいただいており、本当にありがたい限りです。

第二東京弁護士会は本当に面倒見の良い会なのです(いつもご送付ありがとうございます。)。


11月号の中で最も熟読したのは『「破産か、再生か」ではない~事業を残すためのリーガル・アドバイス』(俣野紘平弁護士)です。

法人や事業者の債務整理となると、弁護士として頭に浮かぶのは破産手続で、あとは利用できるケースは限られるけれども再生手続や特別清算手続も一応あるぞ、といった程度です。

しかし、事業自体に価値がある場合には、私的整理によって法的整理手続を避けて再生を目指したり、法的整理手続を使うとしても事業譲渡によって事業は生かすという選択肢もあります。

私的整理や事業譲渡なんて大企業以外には縁のない話かと思いきや、昨今の新型コロナ禍では現時点で事業の収益性が低下していても、返済方法を変更することで収益性が回復するまで持ちこたえられる可能性があったり、第三者の元では事業の収益性が回復できるかもしれない、といった状況が中小企業でも生じえます。

債権者、取引先、従業員、顧客など多方面に影響が大きい破産手続しか本当に選択肢がないのか、慎重に検討しなければならないと再認識しました。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

過去の投稿

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。