京都弁護士のおいでやす日記
Blog

2020年11月15日

コンマやめました。

2020年11月15日  【弁護士のお仕事】 

公文書の読点「,」から「、」に 半世紀以上前の通知変更へ

文化審議会の国語課題小委員会は30日、半世紀以上前の通知に従い、公文書では読点に「,」(コンマ)を使うとのルールを見直し、一般に広く使われている「、」(テン)を用いるよう求める中間報告案をまとめた。年度内に正式な報告をまとめ、文化庁がその後に内閣官房と通知見直しに向けて協議する。

2020/10/30共同通信(一部抜粋)

私も、コンマを使うのはもうやめました。

裁判所が作成する文書は「公用文作成の要領」というルールに則っています。

この要領では「,」(コンマ)を使うというだけでなく、送り仮名や漢字・ひらがなの使い分けなど非常に細かいルールが決められています。

例えば、「いただきます」という語を「確認いただきます」のように補助動詞として使うときはひらがなを使うことになっていますが、「食事を頂きます」のように動詞として使うときは漢字を使うことになっています。

「てつづき」を漢字で書くときは、「手続き」ではなく「手続」と書くのが公用文としては正解です。


何事も規則性やルールが大切だと思います。

文書を書くときも、送り仮名1つ取っても規則性やルールに基づいていた方が読みやすく、形が整いますし、文書に締まりも出るものです。

そのため、たいていの弁護士はこのルールに則って文書を作成していますし、私もルールどおりではない文書を見るとムズムズするくらいこのルールを意識しています。

思えば、新人の年に開いた本第1位は「公用文用字用語例集」でした。


しかし、このルールの中で私が唯一もやもやとしていたのが「、」ではなく「,」(コンマ)を使うということでした。

「,」なんて英作文でしか使ったことがなく、世間で見ることも皆無ですので、「業界独自の風習」という感を強く受けるのです。

「,」を使うメリットをあえて挙げるとすれば、相手方当事者名で作成された文書が送られてきても、「,」が使われていると「弁護士に作ってもらったんだな(=弁護士に相談しているんだな)」と分かることくらいでしょうか。

そういうわけで、デジタル化、オンライン化、脱はんこ化など合理化の波が訪れているこの機に、役所がルールを見直すのを待たずして私も脱コンマを断行しました。

「、」は形のせいか切れ味があって(謎)、しっくりきています。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

過去の投稿

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。