京都弁護士のおいでやす日記
Blog

2021年02月

簡裁管轄の森

2021年2月8日  【弁護士のお仕事】 

簡易裁判所というと、140万円以下の争いごとに関する訴訟や、民事調停を扱う裁判所です。

140万円以下の争いごととなると、訴訟で勝っても弁護士費用が費用倒れになりかねません。

そのため、弁護士として簡易裁判所に行くことはなかなかありません。

しかし、最近はみなさん自動車保険の弁護士費用特約に加入しています。

弁護士費用特約に加入していれば弁護士費用も裁判費用も基本的には自己負担ゼロなので、通常なら費用倒れになる物損事故でも、納得がいかなければ訴訟を利用しやすくなっています。

そのため、私も主に交通事故案件で簡易裁判所に行くことがときどきあります。


そんなときだけ気になるのが簡易裁判所の「管轄」。

東京勤務時は、依頼者が23区在住であれば、基本的に東京簡裁で訴訟提起すればオッケーでした。

北海道留萌市にいたときも、依頼者が留萌管内に住んでいれば留萌簡裁で無問題でした。

しかし、京都府内の簡裁はそう一筋縄ではいきません。


①京都簡易裁判所(だいたいの京都市内と旧美山町)

②伏見簡易裁判所(伏見区)

③右京簡易裁判所(右京区とだいたいの西京区)

④向日町簡易裁判所(向日市、長岡京市、大山崎町、京都市内のうち久世や大原野)

⑤宇治簡易裁判所(宇治市、城陽市、久御山町)

⑥木津簡易裁判所(それ以外の京都府南部)

⑦園部簡易裁判所(南丹市のうち旧美山町以外、京丹波町)

⑧亀岡簡易裁判所(亀岡市)

⑨福知山簡易裁判所(福知山市、綾部市)

⑩舞鶴簡易裁判所(舞鶴市)

⑪宮津簡易裁判所(宮津市、与謝郡)

⑫京丹後簡易裁判所(京丹後市)

①の美山町は謎、②③は存在を忘れがち、④はちょっとイレギュラーです。

⑥は普通と見せかけて、京都のすぐ南の八幡市民まで木津(ほぼ奈良)まで行くことになっている鬼ルールです(明日の午前中にでも法改正しましょう)。


わざわざ全部書き出したのは、もちろん私自身よく覚えていなかったからです。

弁護士人生の中で行けるのはこの半分くらいかな。いや、4つくらいかもな。。

もはや公共施設

2021年2月7日  【ごちそうさまでした】 

職場の近くに欲しい施設トップ3は、間違いなく①コンビニ、②郵便局、③インドカレー店ですよね。

当事務所は①は△、②は遠いものの郵便ポストは目の前にあるのでギリギリ△です。

しかし、③が近いので全て帳消しになります。

店内に入るだけで国境を超えることができリフレッシュにはちょうどよいです。

また、腹持ちも最高です(昼に食べると結構重い)。

ごちそうさまでした。

(@ナマステタージマハル 西院店)

近代京都オーバーレイマップ

2021年2月6日  【京都の日常】 

面白いウェブサイトの存在を知ってしまいました。

その名は「近代京都オーバーレイマップ」。

このサイト、明治から昭和にかけての京都市全域の地図と、現代のグーグルマップや航空写真とを重ね合わせることができるのです。

複数の地図を重ね合わせてそれぞれの透明度を手動で動かすこともできるため、時代ごとに町が変わっていく様子が見事によく分かります。


無人島でも地図1冊さえあれば1週間飲まず食わずでも生きていけるほど、私は地図好きです。

物心ついたころには自分で紙に架空の地図を書いていたくらいですからね、相当です。

そんな地図好きにとっては格好の逸品です。

制作された方は神様でしょうか。


古い地図を見ると、かつての市街地は京都の東半分だけだったことが分かります。

戦後間もない頃まで、今の右京区や西京区は民家もまばらな田園地帯だったようです。

そんな田園地帯の中に、龍安寺や仁和寺、天龍寺といった寺社が、当然ながら現代と同じ場所に同じ形で建っていたことも見て取れます。

金閣寺なんて昭和の初めまで田んぼに囲まれてますからね。

古地図を見ながら、見知った地域のかつての姿を想像するとロマンを感じます。


ちなみに、当事務所最寄りは阪急西院駅ですが、明治・大正の地図ではこのあたりに「西院村」と書かれています。

村だったのか。。。

直射日光と戦う日々再び

2021年2月5日  【京都の日常】 

今日も京都は晴れでした。

天気予報も2週間後までずっと晴れ!(と見せかけて直前に雨予報に変えてくる日が何日かあることは知っています。)

乾燥は気になりますが、やっぱり天気が良いとうれしいものです。

日も明らかに長くなってきました。

冬の間は自席に届かなかった直射日光が、今週から顔面に届き始めました。

これはうれしくありません。

京都はもう間もなく春。

がんばっていきましょう。

パッタイ

2021年2月4日  【ごちそうさまでした】 

行きつけのタイ料理店でパッタイ(焼麺)を頂きました。

こちらのお料理、とても美味しかったです。

エビが入っているのは見て取れますが、実は大きなエビ以外にも小エビがたくさん入っています。

そこまで辛くはなく、むしろまろやかです。

例えるのが難しい他にない味ですが、このお店では今のところカオマンガイと並んでクセになりそうです。

こういうモニュメント?水がめ?ってどこで手に入るんでしょうね。

来た時は柱を背にしているため目につかないのですが、帰る時は真正面から向かい合って見送られることになります。

「どや?今日も美味しかったやろ?」というお顔をされています。

ごちそうさまでした。美味しかったです。

(@Bangkok Garden)

調停に物申す

2021年2月3日  【弁護士のお仕事】 

調停というと、よく使う制度です。

離婚調停や遺産分割調停などの家事調停から、民事トラブルについての民事調停まで色々あります。

離婚案件などは基本的には離婚訴訟をいきなり起こすことができず、まずは離婚調停を利用するのが必須なので、おのずと(望まなくても)調停が主戦場になるわけです。

そんな調停手続について、この機会にどうしても言いたいことがあります。


「申立人」と「相手方」という当事者のネーミング、いい加減変えませんか?

訴訟では、当事者は「原告」と「被告」です。

しかし、調停では申し立てた側は「申立人」。これはよし。

これに対する申し立てられた側は「相手方」。これがよくない。

これでは、申し立てられた側は、自分の立場のことを「相手方(=自分)としては―」などと名乗ることになるのです。

自分のことなのに相手方?じゃあその相手方は相手方の相手方?さらにその相手方は相手方の相手方の相手方?いやそこはただの相手方でいいのか。

などと、名乗っている相手方自身が自分が何者なのか分からなくなってきてしまいます(それはさすがに私だけかもしれません。)。

このネーミングを考えた人、絶対に怒らないので手を挙げてください。


少なくとも、初めて調停を申し立てられた人は、自分の立場が「相手方」だと言われると混乱してしまうでしょう。

調停の席上で出てきた「相手方」というワードが、申し立てられた側を指しているのか、それとも相手当事者のことを指しているのかは常にまぎらわしく、余計な注意が必要になります。

多くの調停委員の方々も、当事者が混乱しないように「相手方」という呼称はあまり使わないようにされているように見受けられます。


みんな困るこのネーミング、早く変えてしまいましょう。

「申立人」と「被申立人」でよろしければ、私がこっそり家事事件手続法?規則?を書き直しておきたいと思います。

七条通沿いのヘルシーなお店

2021年2月2日  【ごちそうさまでした】 

先日ランチにお邪魔したお店です。

七条通沿いで昼食難民になっていた時に目に入り、覗いてみました。

店内は落ち着ける雰囲気で、ヘルシーな洋食を頂けます。

窓際のお席からは七条通が目の前なので、行きかう人や車をぼーっと見ながら何も考えずにランチするのに最適です。


お店の写真をあげていないとき。

その理由は2種類あります。

1つは他人が映り込んたり好ましくなかったりで撮れなかったとき。

もう1つは、撮るのを忘れたとき。

今回は後者です。

ごちそうさまでした。

(@saredo かふぇ)

冬の終わり

2021年2月1日  【京都の日常】 

何気なく撮ったら、雨雲に向かって伸びる木の枝がおどろおどろしく映りました。

早くも2月。

北海道では3月いっぱいは普通の冬で、ゴールデンウィークまで雪が残ったものですが、本州の冬はとても早く感じます。

結局地面に雪が積もったのは0日のままここまで来ました。

このまま冬も、コロナも去ってもらいたいものです。

自己紹介

  • 弁護士・税理士 河本晃輔
  • 京都弁護士会所属
  • 洛彩総合法律事務所(京都市右京区西院平町7クラエンタービル2階)
  • 京都で生まれ育つ。14年にわたる東京・北海道暮らしを経て京都に復帰。現在京都人のリハビリ中。
  • 趣味:旅行、アジア料理、パクチー、サイクリング、野球観戦、旅館探しなど
2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

過去の投稿

洛彩総合法律事務所について

洛彩総合法律事務所について詳しく知りたい方は、公式ホームページをご覧ください。

洛彩総合法律事務所へのお問い合わせ

  • 当ブログへのコメント、お問い合わせにはご対応していません。法律相談をご希望の方は、公式ホームページの問い合わせフォーム又はお電話(075-874-5242)をご利用ください。
  • 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。